技がいきる | 株式会社アイタ工業
  1. TOP
  2. 技がいきる

技がいきる

桧のプレカット加工

昔は大工さんが木を刻み梁を組み家を建てました。

現在の住宅のおよそ90%は、手刻みに代わってプレカットがその技術を受け継いで家を建てています。
時間を短縮し、コストを抑えつつも、正確にカットができるのでシェアが高いのです。
弊社では、プレカットマシーン、柱専用加工機、4軸モルダー、曲り梁加工機などのマシンが稼働しています。

しかし、全てを機械任せにはできません。

職人の技がいきる

切る、刻むは機械ですが、読む、選ぶは人の技です。

1本、1本の木材を見極め、必ず内側へ木の向きが行くように木を読む作業は
家の構造体を十分なモノにするためにも重要です。

今も昔も木を読むのは、職人の仕事です。
切る、刻むは機械ですが、読む、選ぶは人の技です。

プレカットについて

高精度プレカット加工の様子

プレカット専用のCAD/CAMによる 高精度プレカット加工


アイタ工業は、プレカット専用のCAD/CAMによる 高精度プレカット加工により、様々なニーズに技術でお応えします。

各種モジュール、大壁、真壁、梁せいの違い、間崩れなど様々な設計の条件に対応できます。
特殊加工機による、斜め材や登り材という複雑な加工も、対応が出来ます。

工程では、熟練大工による選木、木取りを行う事で、本来の木材の性質を活かした仕口や継ぎ手を造り出します。

弊社は、CADなどの技術者、大工など、それぞれのスペシャリストが長年の経験と知恵で取り組んでいます。
ひとりひとりが職人であり、ひとつひとつの仕事が作品であると考えています。
先人の知恵と技をいかして木と関わる

特徴

お客様のご要望に沿って作成されたCADデータが、高性能コンピューター制御機械に連動し、高精度の加工を実現します。
複雑な納まりの建物も、お客様のご要望に、きめ細かくお応え致します。
プレカットマシーン

  • 構造材加工(土台・管柱・通し柱・床材・小屋材・母屋材)
  • 羽柄材加工 (根太・間柱・窓台・筋違い・屋根垂木・破風)
  • パネル材加工(床パネル・屋根野地パネル)

横加工・柱材加工

加工材:桧・米松・杉・米栂・米ヒバ・集成材などの構造材
加工材寸法 幅90~150㎜ 高さ90~450㎜ 長さ770~6,000㎜
垂木欠き・間柱欠きの作業幅30~60㎜(1㎜単位で加工可能)
垂木欠きの勾配 12.5寸勾配まで対応
側面ドリルの座彫り深度 1㎜単位でCAD連動対応

モルダー プレナー

加工材:桧・米松・杉・米栂・米ヒバ・集成材などの構造材
加工寸法:最大幅450㎜ 最大厚250㎜

曲り梁の仕口加工

木造在来軸組工法の曲り梁の仕口加工、ほぞ穴加工等をコンピュータを利用して自動的に加工します。
また、5軸ヘッドの特性を利用して、登り梁、合掌部材等、特殊加工と両木口のスリット加工を可能とします。
金型スリット加工も可能です。
加工形状
曲り梁
登り梁
斜め梁
合掌
直材

プレカットによる加工の様子

様々な住宅部材に対応

横架材・柱材兼用加工機

アリカッタ軸、平カッタ軸をそれぞれに装備し、仕口アリなどスピーディーに加工。
平ほぞ穴、寄せほぞ穴、単ほぞ穴も加工。
屋根勾配にあわせたタル木欠き加工ができます。

プロフィマット45

梁・柱・床材・ログハウスの部材や造作材に威力を発揮します。製材、建築関係の加工において、ムク材・集成材など、どんな材料にも対応でき、最大幅450ミリ・最大厚250ミリの加工が可能です。四面削り・プロファイル加工・ノコ割り・三面の面取りが、一工程で正確にできます。手作業によるムラを解消し、高い精度と仕上がりの美しさを実現しました。

プレカット加工について

柱専用加工機

加工材寸法 幅90~150㎜ 高さ90~150㎜ 長さ1,600~7,000㎜

長さ決め加工、ほぞ加工とあわせて、他方で、シャクリ加工、回り縁加工、胴差しほぞ穴加工、横差しほぞ穴加工などと2本の柱材を同時加工。
シャクリ切削はカッタ移動式。
柱もたせの加工は、上ほぞ加工部で加工。

ページのトップへ移動